ゴルフクラブ セッティングのことなら!


ゴルフクラブセッティングを考える

ゴルフクラブセッティングを決める際の基準は値段ではありません。そして、タイガー・ウッズのゴルフクラブセッティングを真似てもあなたのスコアーが急激に変化するものでもありません。さらに、簡単に買い換えが叶うほど安いものでもありませんし、中古ゴルフクラブセッティングが自分に合ったものにめぐり合うまでには相応の努力が必要でしょう。


このゴルフクラブセッティングでは、知らなければいけない事があります。トレーニングして上手くなりたいという気持ちがある人は今から、どこまでがんばれるか、今のレベルからどこまでスコアメイクしたいのか、今の体力レベルがいつまで続くか等、冷静な判断でゴルフクラブセッティングを考えるべきです。今の年齢、アベレージ、年間のラウンド回数、体力レベルを基に、上達するためのゴルフクラブセッティングを知りましよう。


自分のゴルフクラブのライ角を知ることが、ゴルフクラブセッティングで基本にすべき事です。国産メーカー商品は、身長が170センチ位の標準的な日本人の体型を想定しており、身長が高いアメリカ人が使うこと想定したアメリカ製は、更にアップライトになってる事も念頭におきましょう。ライ角の狂いがフックやスライスの原因の多くであり、ゴルフクラブセッティングが間違っている事が主な原因なのです。


ゴルフクラブセッティングで大切なライ角度は、ボールの方向性と球筋を決定します。最適値は身長や腕の長さ、スイングプレーン、シャフトの長さや硬さなど、様々な要素が関係して、一人一人に最適なライ角度が存在します。ロフトの少ないロングアイアンやウッドでは大きな意味をもちません。特にロフトが10度前後しかないドライバーは、1?2度の変化では球筋に影響はありませんが、ロフトの多いショートアイアンは、0.5度の変化でも大きな影響がある事を知り、ゴルフクラブセッティングに基準とすべきです。


ゴルフクラブセッティングはいろんな用素が混ざって影響してくるわけですね。これは知識と経験があると正確な判断をすることができますが、まだ始めたばかりの初心者の方であれば苦労するところでしょう。しかし苦労するからといって諦めず自分に合うものを探し続けることこそが後々の自分の財産となってくるはずです。クラブ一つにしても多くの知識が必要ですからじっくりと実験と検証を繰り返していきましょう。



⇒ ここで学ぶのもアリですよ


ゴルフクラブ セッティング | Comment(185) | TrackBack(23) | ゴルフクラブセッティング

ゴルフクラブセッティングについて

ゴルフクラブのセッティングは多くの人が悩むものです。高額だからいいとか、トッププレーヤーのゴルフクラブ セッティングと同じにしても自分のスコアーが驚くほど良くなるものではありません。ゴルフクラブセッティングは値段も張りますし、中古にしてもゴルフクラブセッティングが自分に合っているとは。かぎりません。


どのようなゴルフクラブセッティングを決めるかですが、現在のスコアからどれくらい上を目指すのか、むこう何年ゴルフを楽しみたいのかをよく考えてゴルフクラブセッティングに望みたいものです。あなたの現在の年齢とスコアの平均、あなたが年間にラウンドする回数や現在の体力レベルを基にして、自分が上達するために必要なゴルフクラブセッティングを冷静に判断し決める事が大切です。


大切なゴルフクラブセッティングのポイントを知っておいて下さい。それは、ゴルフクラブのライ角を自分に適したものを選ぶ事です。国産は身長170センチ位の日本人の標準体型が基準になっています。それに対して輸入品のゴルフクラブセッティングは身長が高い外国人を想定しています。よって、我々日本人にはアップライトである事はごぞんじでしょうか。ライ角の設定を間違えるとフックやスライスの原因となり、ゴルフクラブセッティングが間違っている事がスコアが伸びない主な原因なのです。


ゴルフクラブセッティングで重要なライ角度は、ショットの方向性と球筋を決めます。ライ角度は身の丈や腕の丈、スイングスタイル、シャフトの長さや硬さ等、色々な要素が関わり、それぞれに適したライ角度が存在します。ロフトの弱いロングアイアンとウッドは1,2度でも大きな意味はなく。ロフトの強いショートアイアンは、0.5度の違いでも大きく影響する事を要点にゴルフクラブセッティングの基準にしましょう。


ゴルフクラブセッティングに関してまだまだわからないことがあるのであれば、コーチ的なアドバイザーを探すのもいいかもしれません。ゴルフのような個人競技では一般的な意見というものが個人に当てはまらない場合があります。一般的な意見というものはどうしても多くの人に向けて発信されている情報ですから、個人別にアドバイスがもらえるアドバイザーというのは特別な存在でありますね。

ゴルフクラブ セッティング | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフクラブセッティング

ゴルフクラブセッティングとは

ゴルフクラブセッティングは多くの人が悩むものです。高額だからいいとか、トッププレーヤーのゴルフクラブセッティングと同じにしても自分のスコアーが驚くほど良くなるものではありません。ゴルフクラブセッティングは値段も張りますし、中古にしてもゴルフクラブセッティングが自分に合っているとは。かぎりません。


まずゴルフクラブセッティングを考える上で、向上の意欲がある人は現在の年齢でいつまでがんばれるか、技術レベルがどれほど伸ばせるか、体力レベルの耐久等、客観的に判断して、ゴルフクラブセッティングに望まなければいけないでしょう。今の年齢、平均のスコア、年間のラウンド数、自身の今とこれからを良く考えて、上達するためのゴルフクラブセッティングを考えていきましょう。


問題のゴルフクラブセッティングの決め方のポイントに、自分のゴルフクラブのライ角を知ることがあります。身長170センチ位に基準が置かれた日本のゴルフクラブセッティングと長身の欧米人に基準がある外国製ゴルフクラブセッティングでは外国製がアップライトになってる事を知っておきましょう。このライ角の選定の違いがフックやスライスの原因である事が多く、ゴルフクラブセッティングの間違いの多くの原因なのです。


ゴルフクラブセッティングでは、先にも書いた通り、ライ角度は自分に合ったものが大切です。ライ角が方向性や球筋を左右します。ライ角の設定は身長、リーチ、スイングスタイル、シャフトの長さと硬さなどの要素が絡み合い、個々の最適なライ角度が決まるのです。ロングアイアンやウッドなど、ロフトの1?2度の差では弾道にはあまり関係ありませんが、ショートアイアンは、0.5度のロフトの変化でも大きく違いが出ます。ロフト差もゴルフクラブセッティングの基準にすると良いでしょう。


難しいと頭に入れつつゴルフクラブセッティングを行うことで、幾分か気が楽になってくると思います。このようなものは時間を必要としますので、じっくり取り組む必要があるのです。思うように調整がいかなくても時間がかかるものだと理解して取り組んでいれば、焦ることなく続けていくことができるでしょう。もちろん努力も必要となってきますが、楽しむことも必要だと思いますよ。

ゴルフクラブ セッティング | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフクラブセッティング